懊悩煩悶ブログ

物欲にまみれたサラリーマンの悪戦苦闘記録

明智光秀ファンです

2020年のNHK大河ドラマは、明智光秀を主人公にした「麒麟がくる」というタイトルになるようです。光秀ファンとしてはうれしい限りで、今から2020年が楽しみです。

 

明智光秀のどこが魅力的かというと、行政手腕もあり、軍事的統率力もあり、文化芸能にも通じた万能選手であった点が私は大好きです。目標にしたいです。

 

光秀は長らく主君信長を弑逆した、大逆の謀反人という扱いをされてきました。しかしここ30年ぐらいは、信長が非常識なパワハラ野郎で、光秀は信長に振り回される可哀そうな人というイメージになってきました。でも、それも私が持つイメージとは違うんですね。

 

信長のところに出入りしていたポルトガル人宣教師のルイス・フロイスが、光秀について評した一節がよく知られています。曰く、裏切りや密会を好み、刑を科するに残酷で独裁的であったが、他人にはそう思わせない抜け目なさがあり、計略と策謀の達人であった、となかなかダークです。

 

キリスト教の宣教師であったフロイスの言うことですから、キリスト教に冷淡だった光秀のことを言うに、かなりバイアスがかかっていて、どこまで信用してよいやら、とは思いますが、頭が良くて知恵が回る人だったのは間違いないでしょう。

 

光秀にはたくさんの逸話が残されています。特に有名なものが、正室・妻木煕子に関するものでしょう。煕子は、疱瘡にかかり、顔に醜い痘痕ができてしまいますが、光秀は気にせずに娶った話、生活が困窮していた時期に、煕子が黒髪を売ってお金を作った話、居城を攻められた時に、光秀が身重の煕子を背負って山を降って逃げた話、煕子が存命中は側室を持たなかった話、などなど愛妻家であったエピソードに事欠きません。

 

また、ものすごい怪力の持ち主だったとも、百発百中の射撃の腕前だったとも伝わっています。こういう、人物像が複雑なところも光秀の魅力です。

 

私が、光秀にまつわる逸話で最も好きなのが、戦況レポートにまつわるものです。信長は日本の各方面に軍団を派遣して、日本全土を制圧しようとします。重臣たちは軍団長として各地方の攻略を指揮します。羽柴秀吉中国地方柴田勝家北陸地方滝川一益は関東地方、そして光秀は丹波地方、という具合。

 

軍団長は攻略の進捗状況を戦況レポートにまとめて、安土城にいる信長に送付します。信長は光秀の戦況レポートを読んで、感嘆してこう言います「まるで自分がその場にいるかのように、手に取るように状況がよくわかる!」

 

光秀の文才が際立っていることを表すエピソードですね。私もそんな文章を書きたいなぁと思っています。

 

何はともあれ、2020年を楽しみに待ちましょう。

 

それではまた。