懊悩煩悶ブログ

物欲にまみれたサラリーマンの悪戦苦闘記録

ブログで言いたいことが言えない

ブログをぼちぼちと始めてみたものの、「思ったより自由に言いたいことが書けないな」というのが正直な感想です。

 

頭の中には、明確なメッセージはあるんですよ。システム手帳をネタ帳にして、そのメッセージはたくさん書きつけてある。しかし、いざひとかたまりの文章として文字に書き出してみると、そのメッセージがぼやけてしまったり、何が言いたいのかよくわからないセンテンスになってしまう。結局、頭のメッセージを形あるものとして作れない、ここがもどかしいところであります。

 

ひとえに、文章技術の練度が低いせいではあるのですが、闇雲に文章をたくさん書けば文章が上達するというものでもないと思っています。作家の村上春樹は、文章を書く技術は天賦の才で、後天的には身につけられない、みたいなことを言っています。おそらくその通りでしょう。

 

自分に文才があるかないか。匿名であってもブログを書いて世に公表しようなどと考える人間は、「自分には文才がある」と自惚れているんじゃないかと思います。実際にはそんなことはありませんね。自分でも文才が無いのはわかっています。

 

でもまあ、文章が下手だからブログを公開するな、と言われることがまず無いのがブログの良いところです。楽しみながらコツコツと書き続けていこうと思います。書くだけではつまらないので、いろいろ文章作法の本を読みつつ、文才が無いなりにまともな文章を書けるようになったらいいなと考えています。

 

それではまた。