懊悩煩悶ブログ

物欲にまみれたサラリーマンの悪戦苦闘記録

弱者の筋トレは、やはりウォーキング?

先のエントリーで、筋トレを始めたことを報告しましたが、継続できるかどうかは未知数なところがあります。筋トレはつらい、筋肉疲労は不快感が強いといった要因が消えません。

 

ふだんスポーツをやらない人間が、無理なく継続できて、お金がかからず、つらくない運動といえば、やはりウォーキングが挙げられます。

 

とはいえ、ゆっくり歩いたり、短い距離だったりするとウォーキングも筋力アップの助けにはならないでしょう。どのくらい歩けばよいのか、膝や関節を痛めていないという前提はありますが、土日にまとまった時間を取って1日10キロメートルの行軍をしてみてはどうでしょうか?2~3時間ぐらいのロングウォークとなります。もちろん、良いウォーキングシューズを履いて、暑さ寒さ対策を万全に施したうえでです。

 

休職していた頃、することがなくて暇だったので1日10~15キロのウォーキングを毎日やっていました。そうすると、3日目ぐらいからふくらはぎの太さが変わってくるのが実感できます。筋肉が付いて足に力が漲ってくるんですよ。この感覚はものすごく気分が良いです。自分に自信が持てるようになります。

 

長いウォーキングは飽きて続けられない、という方は万歩計やフィットネストラッカーを使って歩数を記録し、数値目標化すると良いです。歩くモチベーションの維持に役立ちます。

 

ここ数年は週末のロングウォークはご無沙汰でしたが、復活させようと思っています。

 

それではまた。