懊悩煩悶ブログ

物欲にまみれたサラリーマンの悪戦苦闘記録

屈辱の膝つき腕立て伏せ

全然血糖値が下がらないので、主治医から栄養士の栄養指導を受けろ、と命じられました。栄養士のお姉さん(美人)は間食を止めろ、サラダを食べろ、炭水化物を減らせとアドバイスしてくれました。

 

それに加えて、そのお姉さんは筋力トレーニングにも一家言あるようで、しきりに筋トレをして筋肉を増やして代謝をアップさせるように勧めてきました。代謝が上がれば、血糖値も下がってくる、というのです。

 

それならば、とやる気が出てきたので自宅で三種の筋トレを始めてみることにしました。腕立て伏せ、腹筋、スクワットの三種です。それぞれ10回ずつぐらいから始めればいいや、と思って30数年ぶりに腕立て伏せをやってみました。

 

すると、一回もできないのです、身体をゆっくり下げることも、元の状態に上げることもできません。筋力が無いのです。若い頃よりも20キロ太ったとはいえ、筋力が全く衰えているのです。情けない。それでも日本男児か。まるで運動音痴の女の子ではないか。

 

嘆いても仕方ないので、膝を床につけた状態で、負荷を軽くして腕立て伏せをやりました。これは女子向けのメニューです。それでも10回やるのがやっとの状態です。

 

当然、腹筋も1回もできません。身体が持ち上がらず、10度ぐらい傾いた状態でプルプル腹筋が痙攣しています。さすがにスクワット(自重のみ)は10回できましたが、これも精一杯のところでした。

 

というわけで、筋力の衰えを痛感した一日でした。日々残業ばかりしている中年サラリーマンは、おそらく同じような状態だと思います。でも、筋肉痛は感じているので、負荷はかかっているんだ、毎日続けていれば筋力も戻ってくるんじゃないかと考えてやっていきます。

 

それではまた。