懊悩煩悶ブログ

物欲にまみれたサラリーマンの悪戦苦闘記録

言い切れない!

ブログの書き方を指南するエントリーで「オピニオンは断定して言い切れ!」とよく言われます。確かに、「~であろうと思われる」「~らしい」「~とも言える」といった語尾を曖昧にした意見表明は、腰くだけの印象を与えて読者に刺さりません。

 

でも世の中ってゼロかイチかで言い切れることって案外少なくありませんか?例えば私のブログのメインテーマであるメンタルヘルスの場合、「抗うつ剤うつ病に効く!」と100パーセント言い切れるかというと言い切れません。逆に「抗うつ剤うつ病に効かない」とも言い切れません。おそらく70パーセントくらいの確率で「抗うつ剤うつ病に効きそうだ」と言えるでしょう。

 

複数の情報ソースから導いた推論とか、自らの実体験に基づく意見などは言い切れる確率が上がりますが、それも確率論であって「○○パーセントの確率で言いきれそうだ」と量子力学みたいな解釈になってしまいます。

 

でも私はそれでいいと思っています。私の場合、根拠が薄くて確実に言えないことは言い切りたくない。その閾値はどのくらいかというと、やはり70パーセントかなと思います。

 

今日も小ネタです。それではまた。