懊悩煩悶ブログ

物欲にまみれたサラリーマンの悪戦苦闘記録

今日はテレワーク・デイ

2017年7月24日月曜日は、「テレワーク・デイ」でした。国と東京都、そして経済界が2020年東京オリンピック開会式の日である7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて大々的にテレワークを取り入れよう、というイベントです。

 

背景としては、2012年のロンドンオリンピックの時に当局がテレワークを呼びかけたところ、当日の交通混雑が緩和されたり、企業の生産性アップや従業員の満足度向上に効果が見られたという事実があります。

 

東京オリンピックでも同様の効果を狙い、今年は予行演習の意味合いを込めて「テレワーク・デイ」が実施されました。

 

私が勤める会社も、この「テレワーク・デイ」に協賛しており、本日試験的にテレワークを導入しました。

 

とは言うものの、社員の誰もがテレワークを許可されているというわけではありません。テレワークも2つに分かれていて、ひとつは自宅の最寄りのサテライトオフィスで仕事をするタイプと、もうひとつは完全な在宅勤務です。

 

サテライトオフィスに詰めるぶんには資格は要らないのですが、在宅勤務のほうは管理職もしくは裁量労働制適用者のみが対象となっています。子育てや介護の必要性といった切実なニーズには、必ずしもマッチしていません。

 

でもまぁ、2017年時点ではこのあたりが限界かなという気がします。テレワークは社内ITインフラへのリモートアクセスとか、セキュリティの確保とか、それなりにコストがかかります。テレワークを本格導入できるのは、NTTとかマイクロソフトのような、高い収益を上げている企業だけのような気がします。

 

「テレワーク・デイ」当日、私はどうだったかというと、通常出勤でした。話の種に在宅勤務を申請してみてもよかったのですが、社有PCをリモートアクセスで社内ITインフラにつなぐ環境が未整備だったのであきらめました。

 

その代わり、同僚の課長が在宅勤務にチャレンジしていました。その結果は特に不自由なく仕事が回っているように見えました。部下が自律的に動けて、上司の目がなくてもサボらない環境にあれば、リモートワークもうまくいきそうです。

 

「テレワーク・デイ」は関東ローカルなイベントだったためか、ブログなどで言及する人が少ない感じですが、来年はもう少し盛り上がることを期待しましょう。

 

それでまた。