懊悩煩悶ブログ

物欲にまみれたサラリーマンの悪戦苦闘記録

風呂にはいる前にブログを書く

毎日ブログを更新しようと心に誓うのですが、実行できていません。努力が足りないと言われたらそれまでなんですけど、書くハードルを下げたり書くための環境を整えたりといった工夫は必要なわけです。

 

忙しいかというと、そうでもなくて、終業後にスーパーに寄って夕食を買って、午後8時前には帰宅できています。ブログを書く時間は確保されています。

 

でも書けないんですよ。午後8時から10時まで風呂に入って飯を食って、午後10時から12時までさあブログを書くぞとPCデスクの前に座るけれども、全く気が乗らない、集中できない。ネットサーフィンを適当にやって、12時が来たら眠剤を投入して就寝というパターンです。

 

何が良くないのか。ひとつ仮説を立てました。

「先に風呂にはいって夕食を食ったら、脳がリラックスモードに切り替わってしまって、文章を書くような頭を使う作業ができなくなるんじゃないか?」

 

風呂にはいる(正確にはシャワーを浴びる)ことによって、頭が働かなくなってしまう、と思ったわけです。それで、順序を変えてみました。

午後8時から10時までブログを書く。お仕事モードの余韻で脳みそがまだ動くうちにブログを、無理なら下書きを一気に書き上げてしまおうというわけです。午後10時から11時まで風呂にはいって飯を食って、11時から12時までだらだらネットサーフィンすればオーケー。簡単な理屈です。

 

というわけで、今日から風呂にはいる前にブログを書いてみたら、小ぶりながら一本エントリーが書けてしまいました。効果を断言するのはまだ早いですが、この習慣をしばらく続けてみようと思います。

 

それではまた。