懊悩煩悶ブログ

物欲にまみれたサラリーマンの悪戦苦闘記録

仕事

しゃべりたい奴にはしゃべらせる

サラリーマンを長くやってきて、数多くの上司・同僚・部下と接してきました。その中でひとつつかんだ、対人関係を円滑に進める簡単なコツがあります。「しゃべりたい奴にはしゃべらせる」です。 人間は、「とにかくしゃべりたい奴」と「できればしゃべりたく…

リアルなリストラの恐怖

4月は会社の新年度ということで、この時期「ああ、一年なんとか会社の中で生き残れた」とホッとする反面、「次の一年を生き延びられるだろうか?」と不安になります。 日本は少子化が進み、人手不足があちらこちらで起こっているので、会社を首になることは…

在宅勤務は従業員の権利ではない?

私が勤める会社も、来年度から大々的に在宅勤務制度を取り入れるということで、会社が用意した手引書を読んでみました。 冒頭、目につくのが「在宅勤務制度は従業員が主張できる権利ではなく、あくまでも生産性向上のための制度である」という文言でした。 …

いわゆるひとつの動物的勘

ビジネスシーンで「KKD」という言葉を聞くことがあります。「KKD」は勘・経験・度胸の頭文字を取ったものです。 「KKD」はたいていネガティブなイメージで語られます。古臭い昭和脳のおっさんサラリーマンは、勘と経験と度胸を拠り所にして仕事を進めます。…

クリスマス(イブ)には部下を定時で帰そう

タイトルで言いたいことは言い切っていますが、年の瀬になると思い出すことがあります。昔、大きなプロジェクトを進めていて、課長として部下たちと毎日残業して対応していました。会社の売上増につながるので、私自身はモチベーションが高い状態で、ガンガ…

新日鐵住金ソリューションズの思い出

ICTエンジニアをやっていた頃、サン・マイクロシステムズ(現オラクル)やヒューレット・パッカード(hp)といったメーカーのサーバーを調達するわけですが、サンやhpから直接モノを買うわけじゃなくて、システムインテグレーター、いわゆるSIerを経由してサ…

Inbox Zeroは気持ちいい

Inbox Zeroというライフハックがあります。元はデビッド・アレンという人が提唱しているGTDと呼ばれる仕事術の基本をなす概念です。 GTDに本気で取り組み始めるとかなり大掛かりになるので、まずはスモールスタートで会社のメールソフトのInbox Zeroにチャレ…

人生の夏休みボケ

先のエントリーで、うつ病で休職している間は何もせずに休養に徹する、と書きましたが、実際には何もせずに寝ていればよい、というわけにはいきません。産業医からいろいろと休職中にやるべきことの指示が出ます。 当たり前のことですが、会社はリハビリ施設…

うつ病で休職中に「仕事の勘」を鈍らせないために

うつ病で休職している間は、休養に徹して何もしないのが基本です。しかし休職が長期化すると、仕事を遂行する基礎能力が衰えてきます。休養していると頭も手足も使わないのですから、使わない能力が退化してしまうのは自然なことです。 それで、復職をスムー…

「とりあえず3年」は無根拠ではない

新卒で就職して、とりあえず3年は我慢して働け、などと言うと、若者から老害扱いされかねませんが、「とりあえず3年」は間違ってはいません。 どんな仕事でも、プロのレベルになるにはやはり最短でも2年はかかるものです。余裕をみて3年と言っています。 自…

今日はテレワーク・デイ

2017年7月24日月曜日は、「テレワーク・デイ」でした。国と東京都、そして経済界が2020年東京オリンピック開会式の日である7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて大々的にテレワークを取り入れよう、というイベントです。 背景としては、2012年のロンド…

胸がふさがった時には写経

仕事でミスをして上司に叱られたとか、横柄な部下に突き上げをくらったとか、サラリーマンは嫌な思いをする場面がたくさんあります。こんな場合、まるで鉛の塊を飲み込んでしまったように胸のあたりがふさがってしまいます。不快な、極めて不快な感覚に支配…

日経ビジネスを定期購読します

新年早々「日経ビジネス」新春キャンペーンのダイレクトメールが届いていました。ビジネス週刊誌の「日経ビジネス」の定期購読を申し込むと特別割引しますよ&四大特典もおまけしますよ、というものです。 日経ビジネスは売っている本屋や駅の売店が限られて…